忍者ブログ
チェロ弾きの平日~日々の記録とひとりごと
2019-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
1249  1247  1246  1244  1243  1242  1241  1238  1233  1232  1231 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いい夫婦の日、リハビリ制作。
本当はロイアイを書こうとしたんだけど、どうにもうまくまとまってくれなかったので薄桜鬼で。
日は過ぎてしまったけれど、ロイアイも近日中に欠けるといいな。

子供が嘔吐下痢で大変なことになっておりましたorz
でもお蔭でおうちでゆっくりできた。リフレッシュ。
とりあえず兄弟間でうつらなかったのと私に移らなかったので、ホッ。

その勢いで書いたSSです。

続きよりどうぞ。






「土方さん、お休みになってください」
「うるせぇ」
「ええ、うるさくても言いますよ、どうかお休みになってください!」
副長室の前の廊下で繰り広げられる会話は、先ほどから何度も繰り返されている。廊下で話すものだから、周りに筒抜けだ。あまりに続くものだから、通る者が「なんだ、なんだ」と寄ってきてはしばらく見物し、そして拉致のあかない応酬にやがて飽きて去っていく。
 そんな中で沖田はただその様子を飽きずに座り込んで、ニヤニヤとしながら見つづけていた。

「休んでいる暇なんかねぇんだ」
「こんなにふらふらしているのに?」
 己の行く先を阻む小姓・千鶴をどかそうと肩に手を掛け力を入れた途端、くらりと目眩を覚えた土方は、非力なはずの千鶴によってあっさりと押し戻される。
「…うるせぇ」
 頬を少し赤らめながらも引こうとしない土方に、千鶴は溜息を吐く。
「だから、お休みになってください、土方さん」
 すでに動けなくなっている土方を促すように、副長室の障子を開く。

「総司、何をやっている?」
 一部始終を傍観している総司に声をかけたのは、巡察を終え副長室へとやってきた斎藤だった。
「面白いから見てるの」
「見てないで、手助けしてやったらどうだ」
「手助けってどっちの?」
「雪村に決まってるだろう!」
 斎藤が声を荒らげる隣で、こちらもまた先ほどより強い口調の言葉が紡がれる。
「大体そんなに熱があって判断力も鈍っているのに、仕事なんて捗るんですか?」
「う…」
「今はちゃんと休んで治して、良くなってからする方が、よっぽど捗るんじゃないんですか」
 千鶴の正論についに土方は何も言い返せなくなって、黙り込んでしまう。
「あらら、土方さんが言いくるめられちゃったよ」
 面白そうに沖田が笑う。それにつられて、斎藤が渋い顔で口添えする。
「雪村の言うとおりです、副長」
「俺も手伝うから、トシ。いいから寝て、早く治せ。急ぎの仕事は、手伝うから」
「近藤さん!」
 突然の声かけに、沖田が嬉しそうに振り返る。その視線の先には、近藤が立っていた。
「…わかったよ、寝りゃいいんだろう?」
 近藤に言われては、さすがの土方も逆らえない。こういうときの近藤は、梃子でも動かない。抗うだけ無駄なことは、土方もわかっていた。
「はいっ!」
 そんな土方の素直な言葉に、千鶴は嬉しそうに答えて、甲斐甲斐しく世話を焼く。

「しかし総司、おまえはあれを最初から見ていたのか?」
「だって、土方さんが千鶴ちゃんに言いくるめられるのなんて、なかなか見られないですもん」
 あ、でも最近は結構見かけるようになったかな、そう沖田が零すと、近藤が嬉しそうに頷く。
「雪村君も、あれでなかなか芯が強いからなぁ」
「江戸の女には、土方さんも弱いんでしょうよ」
 くくくっと沖田が笑う。
「夫婦喧嘩は犬も食わぬというぞ」
「一君、夫婦じゃないでしょ。ああ見えても、一応主と小姓なんです」
 だからきっと僕の入る隙もあるよね、そんなことを思いながら、沖田は立ちあがった。

 きっとしばらくすると、土方のためにせっせと水に浸した手ぬぐいや粥を用意する千鶴の姿が見られることだろう。
「雪村君はいい嫁さんになりそうだな」
 トシに似合いの、そう付け加えて、近藤は嬉しそうに青空を見上げた。
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
>noritsumaさま
おはようございます!読んでいただいてありがとうございました!!
一君の石田散薬、私もめちゃめちゃ入れたかったんですよね~。でも、ここでそのエピソードを入れたら間違いなく土千でなくなるので(苦笑)、一君には我慢してもらいました。というか、きっとこの後何食わぬ顔で持っていくんだと思います(笑)そして総司あたりに「一君、自分から馬に蹴られにいくなんてバカだよね~」とか言われるんだ(違)
薄桜鬼はそれぞれのキャラが立っているので、みんな書きたくなりますね。最初のころは敬遠していた総司くんも、難しいからこそ書いたら面白いんじゃないかと最近思えて仕方ありません。
BLでない土×斎(むしろ土←斎か?)とか沖×土とか、沖×近も書いてみたいです。

半年近くお返事できてなくてごめんなさい。毎日やろうと思ってはいるのですが、何かと家のこととかサイトの晒しとか(涙)で落ち着いてレス書けなくてorzサイトも改装してURLもかえて優先順位的にはかなり上位にきたので(笑)近日中には。薄桜鬼部屋もちゃんと作りますね~。
藤丸しゅん EDIT
at : 2013/11/27(Wed) 11:22:24
プロフィール
HN:
藤丸しゅん
性別:
非公開
自己紹介:
ノーマルCPで二次創作中。ロイアイ、真剣赤黄、執恋真壁・中岡・樫原・大木、薄桜鬼土千がメインになることと思われます。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[11/27 藤丸しゅん]
[05/29 藤丸しゅん]
[05/27 藤丸しゅん]
[05/23 藤丸しゅん]
[10/30 榛海]
Powered By イーココロ!


"藤丸しゅん" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]