忍者ブログ
チェロ弾きの平日~日々の記録とひとりごと
2019-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
1303  1301  1300  1299  1298  1297  1296  1295  1294  1293  1292 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帰省ついでに、東海道に唯一現存する、新居の関所を見学して来ました。
ちょうどイベントをやっていて
(というか前日に行って入口でイベントを知り、急遽翌日入館に変更しました。
地元の人も知らない超マイナーイベント(苦笑))、
時代衣装を着せてもらったり説明を詳しく聞いたり楽しんできました。
普段はそんなサービスは何もないようなところなので、すごく勉強になりました。
幕末の混乱期はどうだかしりませんが、少なくとも江戸時代の前期・中期のあたりの関所はかなり厳しかったわけで、
京と江戸を行ったり来たりするためには通らなきゃならなかったわけですよね。
個人の脚力云々よりも、こっちの方が大変だったんだろうなぁ…。

新居の関所のすぐ近くには紀伊国屋という旅籠があって、これも見学できます。
今準備不足で写真が掲載できないのですが、当時の様子が本当によく伺えます。
新居の関所は津波で流されて2度の移転後の比較的新しいものなので、
風呂だとか厠だとか、古い家ならもしかしたらまだ残っているところもあるのかな?
(少なくともあれと同じ形の厠は、私が小学生時代の同級生の家にありましたww)

江戸時代の文化は興味はあったもののあまり勉強してこなかったので
薄桜鬼にはまってかなり勉強している気がします。
とはいえまだまだ知識不足なので、機会があったらもっと勉強したいです。

そして新居町といえばこれまた地元の人も知らないマイナースポットとして
「池田恒興の首が最初に祀られたお寺」というのがありまして。
織田信長の家臣ですね。
これもいっつも素通りしていた場所なんですが、今回はちゃんと見てきた!車の中から(笑)
かなり信憑性の低い逸話の残っているところらしいんですが、
お手入れしてくださっているおじいさんがいて、なんだか嬉しくなりました。
しかし今回の帰省だけでも4回くらい素通りしている場所。
本当に知らなかったよ…

さて明日はひじたんですね。
明後日ちょうど日野に行く用事があるのですが、にぎわってるのかなあ?
まあ私は剣道の大会の付添なので、行きたくても見学できないんですけどね…(涙)
でも現地解散なら、寄れるかな?
--
拍手ありがとうございました!
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
プロフィール
HN:
藤丸しゅん
性別:
非公開
自己紹介:
ノーマルCPで二次創作中。ロイアイ、真剣赤黄、執恋真壁・中岡・樫原・大木、薄桜鬼土千がメインになることと思われます。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[11/27 藤丸しゅん]
[05/29 藤丸しゅん]
[05/27 藤丸しゅん]
[05/23 藤丸しゅん]
[10/30 榛海]
Powered By イーココロ!


"藤丸しゅん" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]