忍者ブログ
チェロ弾きの平日~日々の記録とひとりごと
2019-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
1075  1074  1073  1072  1064  1063  1062  1061  1058  1055  1054 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SSS
SSSでパラレルじゃない普通のロイアイ(笑)リハビリ。
続きよりどうぞ。

これが夜中に3回も4回も続くと、寝不足になるよという話。<今の私だな

あ、次男はアデノウイルスだったようです。えー。アレって夏のじゃないの?
っていうかあと2日間は熱が上がったり下がったりするのか…
--
拍手ありがとうございました。


 身体の熱さを感じつつもぼんやりとした世界から覚醒した彼女は、少しずつクリアになってくる視界の中に男を見つけて、ほっと胸をなでおろす。
「…いて、良かった」
 先ほどまでやんわりとしていた頬が強張っているに男は気付いて、彼女に身体を寄せる。
「どうした?」
「マスタングさんがいなくなっちゃう、と思って」
「ああ、君は夢を見ていたんだね」
 男は微笑んで、彼女の汗ばんだ額に貼りつく前髪を梳く。梳く度に頬に触れる軍服の袖口の生地の、厚くごわごわとした感触が、こそばゆくも妙な安心感を覚えて彼女はふっと力を抜く。
「マスタングさん、どこにも行かないでくださいね」
 とろんとした瞳で発する彼女のもうすっかり馴染まなくなった呼び名に、男は笑う。
「君は今も夢を見ているのか」
 今にも閉じられてしまいそうな瞼とは真逆に、額から離れた軍服の袖口を逃すまいとばかりにギュッと握りしめる彼女に男は少しばかり驚きながら、それでもいつもよりずっと素直に感情を表す彼女を愛おしそうに見つめる。
「ゆっくり休んで、早く治ってくれよ」
 その言葉が彼女に届いたのかどうかは定かではないが、男はまるで赤子をあやすように、布団に包まれた彼女の体をポンポンとやさしく拍いた。
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
プロフィール
HN:
藤丸しゅん
性別:
非公開
自己紹介:
ノーマルCPで二次創作中。ロイアイ、真剣赤黄、執恋真壁・中岡・樫原・大木、薄桜鬼土千がメインになることと思われます。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
[11/27 藤丸しゅん]
[05/29 藤丸しゅん]
[05/27 藤丸しゅん]
[05/23 藤丸しゅん]
[10/30 榛海]
Powered By イーココロ!


"藤丸しゅん" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]